top of page

2022年ありがとうございました。

こんばんは。Kyonです。


本日、2022年の営業が全て終了いたしました。

今年一年、ご来店、ショッピングともに大変ありがとうございました。


今年もみなさん、楽しんでいただけましたでしょうか。

思えば、様々な制限のかかった2022年のスタートでしたね。


後半からやっと、少しづつ制限が緩和され、

外出する機会も増えたかと思います。


さて、2022年、この一年間、SANLDKは、基礎を固めるために

静・動」を意識して活動してきました。


「静・動」これには2つの意味をもたせ、

1つは、「止まる時は、止まり、動く時は動く」

2つ目は、字の如く「静かに動く」


その甲斐あってか、昨年では見えなかった景色が少し見えたような気がします。


ブランド、そして旗艦店と徐々に自分らが何をやっていて、どこを目指してるのかを

認知していただける機会が多かったように思います。まだまだ力不足ですがー。


今年の一番の手応えがあったのは、11月にリゾラテラスでのファッションショー。

熊本のモデル事務所M stylのモデルさんたちと一緒に作り上げた本格的なランウェイ。

美容専門学校の生徒さんたちが、ヘアメイクもお手伝いしてくれて、素晴らしいショーが出来ました。








業界では、春夏、秋冬と有名ブランドさんたちのファッションショーが、パリ、ロンドン、ミラノ、NYそして東京と様々な場所で開催されます。そして、なかなか実際、目で現場を見ることができません。

私自身も見に行ったことはないです。


映像や写真でしかみることができないランウェイを、熊本でしたい。。。

特に、熊本はエンターテイメントがかなり弱いので、ここを盛り上げようと

動いてる諸先輩方や同輩、後輩と今年は繋がることが出来ました。


その中でもやはり、私はファッションのジャンルで、熊本を盛り上げたい!

その想いが、今回のファッションショーを終えて、益々強くなりました。


このファッションショーを迎えるまでの段取り、作り込み等など

本当に大変だったのを痛感しました。


が、これを、年2回(春夏,秋冬)の毎シーズンするデザイナーさんたちには、

脱帽ですし、これを成功させるために素晴らしいチームを作り上げていってるんだなと

感じました。


ぶっちゃけた話をすると、今年、チャンスはありました。

デザイナーとしての登竜門、バンクーバーファッションウィークからのお声がけ。

最初、お声がけいただいた時は、飛び跳ねるように嬉しかったです。

本当に。夢舞台ですもん。


高校野球で言うなら甲子園的な。


ただ、そこには反り立つ壁が大きすぎました。

1つは、制作期間の短さ。

もう1つは、資金。


ぶっちゃけ、相当かかります(笑)みなさんが思ってる以上に。

逆を返せば、ここをクリアできたら、いつでも行く準備はできると言うこと。


ただ、まさかこんなど田舎で細々活動してる私らに声をかけてもらえるとは

思わなかったですし、自分達がやってることを日々発信している甲斐があったなと

思いました。


この話をいただいたのをきっかけに、当面の目標はココ。

熊本からいったら面白くないですか?笑

あいつほんとに行きやがったってみなさん思います?笑

いつになるかはわかりませんけど...

熊本のファッションシーンがこれで盛り上がれば嬉しいんですけどね!


そのためには、確かなオリジナルの確立が必須。

SANLDKは、デザイン、パターン、縫製を全てオリジナルで行い、

旗艦店Sanldk Studioはそれをお披露目する場所。


お店から飛び出たオリジナルブランドではなく、

ブランドSANLDKを母体にしたお店がココ、Sanldk Studio。


だから、ここ熊本でも異色でもありますし、みなさんからしてみれば

見慣れないお店だとも思います。


2023年は、今年以上に基礎固めをし、オリジナルで制作したアイテムを手に取って

いただけるように展開していく予定です。


そして店頭では私から直接、リアルをお話させていただければとおもっていますので、

2023年もSANLDK,Sanldk Studioを是非よろしくお願いいたします!!



旗艦店Sanldk Studioの新年の営業は、1月3日(水) 12:00からです!

新年からみなさまにお会いできることを楽しみにしておりますので、

是非、ご来店お待ちしております。


店頭での新年企画もご用意しておりますので、そちらはまた後日...


それではみなさん、2022年も残りわずかですが、

良いお年をお過ごしくださいませ。


来年も一緒にファッションを楽しんで行きましょう!!
















コメント


bottom of page