ジーンズの誕生日!?

Kyonです。

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

たいした情報はかけませんが、暇つぶしにみていただいて、

頭の隅っこのすみっこでSANLDKを覚えてもらえれば嬉しいなとおもって書いてます。


タイトルの通り!

もうすぐ、「ジーンズの誕生日」です。


みなさん、こんな日があるはご存知でしたでしょうか?


まず、ジーンズの定義としては、デニム生地を使い、リベットで補強したパンツことを言います。(近年は、穿きもの、アイテムを"デニム"と指すことが多くなってます。)


で、肝心の「ジーンズの誕生日」ですが、誕生日は5/20になります。

何故、5/20なのか?



気になりますよね?


気にならなくても喋ります(笑)






このジーンズの誕生日の起源としては、キングオブデニムのLevi's社が、リベットで補強するパンツを特許申請し、1873年5月20日にその特許申請が受理されたということに由来し、この5月20日をLevi'sがジーンズの誕生日として設定したのが始まりです。


とまぁ簡単に書きましたが、今日は深堀りします!!


勝手に深掘りします!


時は、1853年、日本は幕末。

有名な年です。

「黒船ペリー」が浦賀に来航し、幕末の日本が大騒ぎしていた時代。


この時代、当時のアメリカ、サンフランシスコは、湧くに湧いたゴールドラッシュ期。そこで、前身の雑貨商を営んでいたのがリーバイ・ストラウス(Levi Strauss)。リーバイスの生みの親、リーバイ・ストラウスは自身の名を冠した会社「リーバイ・ストラウス」社を設立。



当時、金鉱で働く人々の声を聞き入れ、キャンバス地を使った丈夫なワークパンツを製品化して販売。その後、素材をインディゴブルーのデニムに変更し販売していました。


日本はまだ、"御用だ!御用だ!"とか言ってる時代に、海の向こうでは、こんなことが起きてたんですよ!


そうやって、素材をデニムに変えたワークパンツを製品化し販売。パンツの耐久性を高めるために幾度の工夫を重ねていた時、もともとリーバイと取引のあった仕立て屋が声を上げます。




ヤコブ・デイビス。この男こそが、ジーンズのキーマン!

彼が、"リベットでパンツを補強する"というアイディアを思いつき、最初は自分でワークパンツにリベットを打ち販売。


その強度と品質の高さは、瞬く間に話題となり、需要と供給が追いつかなくなり、このアイディアの潜在的価値を見出し、元々取引のあったリーバイに、「ちょったい、こっの特許ば取りたかつばってん、投資してくれんどか?」みたいな手紙を書きます。

(こんな軽くは言ってないはずですが笑)


すると、リーバイは、「よかよー!あたがかんがえたこつだけんてこれに書いちか出しとくばいた〜」と言って、「衣料品のポケットの補強にリベットを使用する方法」に関する特許を出願します。


1873年5月20日。

この二人が出した特許が承諾されます。




この時が、そう!

世界で初めて「ジーンズ」が誕生した日になるのです。


この時、日本は明治6年。

開国、そして文明開化がはじまり6年が経っております。


いかがでしたでしょうか。

ジーンズの誕生日」の深掘り回!


ただつらつらと書くのも面白くないので、日本の歴史を少し交えて書いてみました。

日本と世界の時代の差も一緒に感じていただけたかと思います。


私が元々、歴史が好きなので小ネタも挟みながら、豆知識的な感じで書いていけたらと思います。


まだまだ書きたいことや書くことはたくさんあるのですが、終わらなくなるのでこの辺で(笑)


それでは。